定期的な水分補給で便秘を解消

定期的な水分補給で便秘を解消

自分はあまり水分を取らないほうでした。それで便秘になったときに水分を定期的に取るようにし、腸の働きを活発にさせるのはどうかというアドバイスをもらい、試してみました。

 

最初のうちはなれない水分補給に苦労しました。しかし腸がグルグルといって活動している様子はよくわかりました。そして今まで感じていた重苦しさが何となくなくなってきたような感じがしました。

 

そして水分補給をした後に程よく体を動かしていたことが功を奏したのか、このスタイルをしばらく続けていたことで便秘を解消することができました。すぐに解消できたというわけではなかったものの、効果があったことは間違いありません。

 

便秘解消!青汁で毎日スッキリ生活

長年便秘に悩んでいます。便秘のせいでいつもポッコリとお腹がでていますし、これでは着たい服も着ることができません。ワンピースを着ると妊婦と間違えられたこともありとても屈辱的でした。

 

しかし近所の方からおいしい青汁を紹介してもらい、健康のためと思って飲み始めると便秘が解消されたんです!青汁が便秘に効果があるとはなんとなく聞いたことがありますが、飲んで三日目ぐらいから朝起きたら自然とトイレに行きたくなり、毎日スッキリできるようになってとても驚いています。

 

ずっとポッコリと出ていたお腹も、今では引き締まってしまい、腰にクビレもできてとても嬉しいです。お腹が苦しくて毎日憂鬱だったのですが、青汁のおかげで今日もスッキリ快適な生活です。

痔もちのための便秘を解消法

私は痔もち(切れ痔)ということもあって、便秘にはとても敏感です。

 

医師からもいきみすぎると良くないので、便秘にならないように食物繊維を多く摂ったり、刺激物を避け、適度な運動をするように言われています。

 

食物繊維はきんぴらごぼうやキノコ類、ヒジキなどを多く食べるようにして、朝晩は必ず牛乳とヨーグルトを食べるように心がけています。

 

また週に2日ほどは軽く腹筋や腕立て伏せをして無理のない運動をしています。

 

たまに週末など友人と飲みに行ったり、焼肉など脂分の多いものを食べたりすると、翌日にはすぐに便秘になってしまいます。そんなときはこれでもかと水分を取り、なるべく腸内を活性化させて乾燥させないようにしていますよ。

 

大事なのは食生活においてルーティーンを守り、規則正しい生活をすることだと思います。
乳酸菌サプリのおすすめは?【花粉症やアトピーに効くサプリ】
乳酸菌サプリのネット瓦版

2015/01/27 13:29:27 |

ダイエット中に便秘に苦しんだ

以前、ダイエットをしている時に便秘に苦しんだ時がありました。

 

その時は、とにかくヘルシーなものしか食べたり飲んだりしていませんでした。

 

なので当然ながらお菓子やお肉などはほとんど取りませんでした。

 

そして、乳製品も取っていなかったのです。

 

例えば牛乳やヨーグルトといったものはカロリーがそれなりに多そうなので、できる限り取らないようにしていました。

 

これがたぶん便秘になった原因でした。

 

僕自身、昔から乳製品は結構食べていたんですが、ダイエットということでピタッと止めてしまったわけです。

 

するとちょうどそのタイミングで便秘になってしまいました。

 

もちろんその後は乳製品をしっかりと取って便秘を解消しました。

 

やはり乳製品は定期的に取った方がいいなと思いました。

便秘解消するためにとった方法

今年の夏の始めに私は1週間ほど便秘になってしまいました。最初は、何もしなくても大丈夫だろうと思っていたのですが、1週間も経過してしまうと心配になってしまいました。

 

そこで、私は、便秘解消のためにコーラックを服用してみました。服用して半日ほど経過したときに、トイレに行きたくなったのですが、なかなか便が出てくれませんでした。

 

冷静に考えてみると、便秘期間中あまり水分を取らず、食物繊維もとっていない状況にあったことに気がつき、コーラックを服用しながら、食物繊維を取るためにファイブミニを飲み、プラスしてミネラルウォーターを飲んでみました。

 

すると、水分をたくさん取ったおかげか、数時間も経過しないうちに便を出すことに成功しました。

 

やはり、便秘には水分補給が重要なのかなと感じました。

食生活を改めサプリを飲む事で便秘解消できました

以前の私は野菜よりとにかく食べ応えのあるお肉が大好きで、毎日のように肉料理ばかり食べていました。

 

仕事も事務職で朝から晩まで椅子に座っている事が多く、仕事が休みの日も家でゴロゴロしているだけなので運動とは縁遠い生活でした。

 

今まではそんな毎日でも何とか3日に1度はお通じが来ていたのですが、年齢を重ねる事にどんどん日が開く様になってしまったんです。

 

酷い時は1週間出ないまま、肌荒れするしお腹は張って苦しいし、何とかしようと食生活を変えてみる事に決めました。

 

まずこれまで朝ご飯は何も食べずに昼と夜のみだったのを、朝昼しっかり食べて夜はちょっと少なめにしました。

 

食べていたのは主に茹でトマト、茹でキャベツ等の茹でた野菜とお粥です。

 

お肉は週に3回程度に控えて、種類も牛から鶏や豚に変えました。

 

それからヨーグルトがどうしても苦手で食べれませんでしたが、フジッコの出している「善玉菌の力」というサプリを飲み始めました。

 

ヨーグルトが駄目でもサプリなら味を気にする事なく飲めるのがよかったです。

 

これが良かったのか食生活の改善、サプリを飲むようになって3週間程で便秘が治っていきました。

 

今では毎朝ドカンと出ていますし、全然お腹が緩くなりません。

2015/01/27 13:28:27 |

日々の生活習慣の改善で便秘が解消効果が現れました。

昔から便秘症で4・5日も連続で便通がこない時も普通にある便秘症が私の長年の悩みです。

 

腸内環境が悪化すると善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れ悪玉菌が増殖して体内に老廃物が溜まるなどの働きが悪くなり代謝機能が低下したり便秘や体調不良などの大きな原因にも繋がると聞き、納豆などの発酵食品やヨーグルトなどの乳酸菌を毎日食べるなどして善玉菌を増やし腸内環境を整えるように気をつけ、また腹筋や腰を回すなどの腸内運動を行いながら腸腰筋を鍛えるようにも意識しました。

 

この2つの行動を日々の生活習慣に取り入れることで、便通も出やすくなるなど改善効果が現れ始め、便秘が徐々に改善するにつれお腹がへこんでくびれラインが出てきたり体内デトックスで肌質が整うなど腸内環境の改善で体の内側から良い効果があったと実感しました。

長年悩んできた便秘もファイバーですっきり改善

OLになって仕事に追われる日々が続いた20代の後半ごろから慢性便秘に悩まされるようになりました。仕事が滅茶苦茶忙しくて便意を感じてもトイレに立つ事さえままならないという職場環境だったので、勤務中は我慢してしまい、そのまま便意を逃してしまうという事の繰り返しでした。

 

そういった状況がたたってしまい、酷いときには1週間もお通じがなく、おなかが張って苦しくて仕方なかったです。

 

OL時代の慢性便秘は、結婚してからも続きました。妊娠して、ますますその症状は酷くなり便秘薬の数もどんどん増えてしまいました。便秘薬に頼るのも体によくないと思い、いろいろとネットで便秘対策を調べていたところ、小林製薬から出ているイージーファイバーという顆粒状の繊維のサプリが便秘に非常に効果的だという記事をみつけました。

 

イージーファイバーは、無味無臭のファイバーなのでコーヒーや紅茶などの飲み物や、お料理にも気軽に混ぜる事が出来るので手軽にレタス二個分の繊維質を体に取り込むことが出来るのですが、毎日スプーン一杯のイージーファイバーを習慣にしたところ、あっという間に便秘が解消されました。

 

今でもイージーファイバーを飲み続けていますが、毎日快腸です。もっと早くからこの商品に出会っていればよかったのに、と思います。

便秘改善に向けて時間に余裕を持つこと

学生時代、特に高校時代便秘に悩まされ続けました。理由は当時の生活習慣にあったと思います。

 

朝は7時前に家を出なければならなかった為、朝寝坊気味な私は全く余裕がありませんでした。学校では恥ずかしくて排便できませんよね。家に帰ってきても出ずに、数日に1回排便があるだけでした。

 

当時友達の間でダイエット、りんごダイエットなどが流行っていて、私も過激な食事制限をしていました。そのため肌荒れを起こし、生理不順にもなり、少なからず便秘の原因になっていたと思います。

 

すべてが改善されたのは大学に入り一人暮らしをするようになってからです。時間に余裕を持つことができつるようになり、朝ご飯後に排便という習慣が身に付くようになりました。

 

1日のうち最低1回排便できればいつでも良いと思いますが、やはり朝に行われるのが一番調子が良いと思います。今でも朝時間に余裕がない時は排便のタイミングを逃し、1日出ないままの時もあります。

 

便秘改善の為にはできるだけ時間的余裕、つまりは精神的余裕を持つことがまずは大事なのではないかと思います。

2015/01/27 13:26:27 |

中学生のころから便秘

私は中学生のころから便秘で悩んできました。1週間でないのはあたりまえでした。1週間出ないときには市販のいちじく浣腸を使用していました。おなかが苦しくて、食べたらトイレで吐いてしまうということもたびたびありました。大人になってからも便秘に悩まされ、妊娠6カ月の友人よりおなかがぽっこり出ているということもありました。病院で処方された薬を尋常じゃないほど飲んでいました。便秘の改善方法で一番効果があったのは、インナーマッスルを鍛えることでした。意識しておなかに力を入れることを繰り返していると、2〜3日に1回は出るようになりました。腹筋もなかったため、腹圧がうまくかけられなかったのだとおもいます。また仕事を辞めて主婦になり規則正しい生活を送りだしたら、快便になりました。1日3回の食事、睡眠、インナーマッスルを軽く鍛えるのが効果的でしたよ。

 

 

便秘になる前の予防策

便秘の予防策として私はビオフェルミンを飲むようにしています。りそうとしては毎食後飲む事が良いとは思いますが、実際は3度の食事をとる事も不規則なので気が付いた時に飲むという方法をとっています。

 

ちょっと便秘かなと思った時にもビオフェルミンを飲むと翌日には必ずお通じが良くなり便秘の悩みもなくなるので私には良い薬だと思っています。

 

息子もよくお腹が張って痛いと訴える事がありますが、ビオフェルミンを飲むようになってからはこういった症状はなくなったようです。本来は錠剤の嫌いな息子でさえ好んで飲みたがるビオフェルミンは今はなくてはならない家庭薬の一つになっています。

 

便秘になる前に蚊いけるさせる方法としてはとても有効な薬であり、重宝しています。

ダイエット中に便秘とその意外な解決策

私は美容目的ではないダイエットを経験したことがあります。中性脂肪値が異常に高く、医師に色々忠告されたからです。

 

それで、ダイエットをはじめました。元々の体重もかなり範囲から外れていたこともあり、ダイエット効果は気持ちよいくらい出ました。

 

しかし、ダイエットをしていると、段々便秘に悩むようになりました。ダイエット前は快便でしたから、明らかに減量が原因になっていたと思います。

 

その便秘の症状はかなりひどくなりました。そして、排便時の便の固さも石のように硬い時もありました。で、排便時に出血するようになりました。

 

そして、切れた痔が治らないうちに排便するので、出血が続いたりしました。

 

しかし、その不思議な解決法を見つけました。それはなんとキシリトール製品を食べることでした。代表的な物はガムですね。

 

私はキシリトールを体内に多く取り入れると、必ず下痢になるのです。ですから、このキシリトールをうまく毎日の生活に取り入れています。

2015/01/27 13:25:27 |

便秘になってからよりも、ならないように生活改善。

10代の頃から便秘症だった私、それでも便秘薬を飲むほどでもなかったのですが、20代になるとどうしても出ない日があって、便秘薬に頼るようになってしまいました。

 

ですが、便秘薬を飲むと激しい腹痛に襲われたり、通勤中にもしもトイレに行きたくなったら困るのでお休みの前しか飲むことができませんでした。

 

ですから、週の中ごろに便秘になってしまうと毎日苦しく、胸焼けや食欲もあまりなくなってしまってとても辛い日々を過ごすことになりました。

 

便秘になってから対処をするのではなく、毎日何らかの対応をしていかないといけないと感じて便秘に良いと言われるものはいろいろと試しているのですが、最初は出るもののすぐにまた便秘になってしまうの繰り返しで、今は、便秘茶を飲み、ヨーグルトのBIYOを食べて、それでも出ない日にはアロエ粉末を飲むようにして、毎日少しずつでも出るようにしています。

便秘に悩まされた時には…

私は現在妊婦てす。

 

もともと妊娠前から便秘に悩まされていたのですが、その時は便秘薬を服用していたので、そこまで重要なことではないと思っていたのですが、妊娠発覚後は便秘薬が服用できない為、困っていました。

 

食物繊維の多く含んだ食材や、適度な水分と運動を心掛けましたが、なかなか改善されず、悩むばかりです。

 

そんな時、ネットで水素水を見つけました。

 

便秘が解消された人がいるようなので、早速試してみようと思い注文しました。

 

毎日飲んでいると三日目くらいから自然とお通じが良くなり、毎日トイレに行くようになりました。

 

個人差はあると思いますが、私にはとても合っていました。

便秘になってしまった時の解消方法

普段はあまり便秘には縁のない私ですが、例えば旅行に行った時や帰省した時などのように、環境が変わると、とたんに便秘になってしまいます。そうなると、家に帰ってきてからも数日間は辛い日々が続いてしまいます。

 

でも最近、自分なりの便秘解消法を見つけました。それはとても簡単な事で、キャベツをたくさん食べる、という事です。食べる方法は何でもよくて、炒めたりお味噌汁の具にしたり、お好み次第なのですが、とにかく出来るだけたっぷり食べる事です。これをすると、たいていすぐに便秘が解消します。

 

この方法を試したきっかけは、今まで全く便秘をした事がないという知人が、キャベツが大好きだと話していたのを聞いた事なのですが、本当に効果が大きいので、お勧めです。

2015/01/27 13:18:27 |

私の便秘解消法は運動です

私は特に便秘体質というわけではありません。

 

おかげさまで、お通じはほぼ毎日のようにあります。

 

ですから少しでもお通じがないとなお更、お腹が苦しくなります。

 

だいたい二日間、お通じが来ないと下腹周辺に違和感があります。

 

そのようなとき私にはいつもしている便秘解消法があります。

 

それは出来るだけ下腹を刺激することです。

 

具体的には太ももの上げ下げです。

 

直立して両足を交互に上げ下げするだけです。

 

簡単な運動ですが、これが腹筋を刺激して便秘解消になります。

 

便秘になると私はこの運動を1セット30回で5セットほど行います。

 

すると翌朝にはお通じがきます。

 

この運動は日頃から行っていると便秘予防にもなり良いと思っています。

旅行先での腸の具合は

普段、私は全く便秘ではありません。

 

その上でグリーンスムージーを飲むようになってから、本当に毎日快便です。なかなか出ない時も以前はありましたが今は全然ないです。それくらい、よく出ますし、量も多いです。

 

そんな私ですが旅行時は別です。1週間、旅行に出かけているとするとせいぜい出るのは2日くらいなのです。環境ががらっと変わったり、食事の影響をもろに受けるともいいますから仕方がないのかもしれません。

 

ですがあまり溜まっていると、辛いのはあります。お腹が張ってたり、ごろごろいっていたりして体調がすぐれなくなってしまいます。

 

重症な状態ではないものの、やはり気になります。その場合はなるべく野菜を多めに摂るように心がけます。そしてお水もよく摂るようにしたりします。あとは腸を揉み解したりして、マッサージをします。これで少しは改善します。

 

ひどい便秘になりますと、体調もすっきりしないですし、これからも快便を心がけていきたいと思います。

便秘を治すために食生活の改善

私は昔から便秘気味で困ることが多いです。便秘のせいで腹痛に悩まされることもあって、改善のために最近ではいろいろな努力を行っています。

 

便秘を改善するためには食生活を見直すことが大事みたいなので、食生活を見直して改善に向けた食生活に切り替えています。食物繊維や乳酸菌を含む商品を摂取すると便秘に良いみたいなので、朝昼晩と食物繊維商品を食べるようにしています。またデザートにヨーグルトを食べるなどのこともしています。

 

まだ便秘を改善するまでには至ってはいませんが、だんだんとマシになってきているようには感じています。このまま今の生活を続けていって、便秘を完全に治したいと思っているので、もっともっと努力をしていきます。